にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

原付とさようなら

自動二輪練習用を主目的として50ccの原付バイクを10月に購入した。近場に行く時にも乗るかなとも思ったのが2番目の理由。でも、よくよく考えてみると4輪車も週に一回の大型スーパーへのまとめ買いだけで、年間で1000キロ位しか乗らないライトドライバーだ。今までのほとんどの行動は駅までの徒歩と自転車、そして公共交通利用で間に合わせていたことからすると、近場でぜひいく必要性のあるところはあまりない。

てなことで、二輪免許取得後、購入してからわずか一月に「原付を譲ることが可能だ」と息子にメールで知らせたら欲しいということだった。売りに出すより息子に譲るほうがよかろうと判断した。

 

関心のある小型自動二輪の 125ccバイクは、道路交通法では普通自動二輪だが、道路運送車両法では原付二種というようで、名称は紛らわしい。
この間に、2車線あるこの道路状況での 50ccバイクの右折は良いのかな?と迷うこと何度か。自動二輪なら車と同様で問題なしだが、原付では二段階右折する必要がある。でも、標識や交差点直前に2車線になっていた場合、では3車線では?どうするか、教習本の記述ではわかりにくい。法規の原文だったらなおさら理解しにくいだろう。
あとあと考えてみると、あの場では
右折は不可で、本当は二段階右折が必要だったなと思う場面が数回あった。後続の車が道を譲ってくれてから右折したから問題なかったが、事故にあったりお巡りさんに違反を取られないで良かったと、今になって思う。

また、雨が強く降り始めで暗くなりかけた二車線道路を原付バイクでも走った。後続の車にどんどん抜かれるのだが、転倒したり引っ掛けられたら終わりだと怖かった。そんなことのあったこのバイクとも今日でお別れだ。手放すということは、事故に遭遇するリスクは完全になくなるので、一安心といえばそうなるが、やっと家の玄関脇のこの定位置に馴染んできた風景なので少し残念な気もする。

 

*** YAMAHA JOG CE、3年前登録で納車時走行距離は974Kmの中古品。
本体は 98000円、登録手続き代行5000、点検仕上げ7000、その他は消費税と2年分の自賠責を入れ、半キャップのヘルメットがサービスだった。

f:id:Miketoy:20151102172920j:plain