にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ふるさと納税をしてみた

来年に香川県に住替えをするかもしれないので、そちらの県や市の広報誌などは、この一年間くまなく見て、準県民感覚でいる。関連して、一昨年に「ふるさと納税を」検討したことがあるが、そのときはやめた。「ふるさと納税の特産品」がなかったこともある。今は各地方で競争環境にあるので、香川県でも特産品を扱うようになってきた。私自身にとっては、ふるさとではない県なのだが、3万円分のふるさと納税をその県にすべく、昨日に振込を済ませた。

香川県 ガンバレさぬき応援寄付(ふるさと納税)

 

ふるさと納税では使い道も指定できる。香川県は水不足対策は深刻なようで、私の寄附金の使い道は「渇水に強い水循環社会の実現など水資源対策事業」を選んだ。そして、返礼品は「オリーブ牛・スライス」だ。

 

どの地域でも自己負担額の2,000円を除いた全額が控除対象になるはずだ。控除対象額とは、はじめに自治体へ寄附として払うものの、後で確定申告をすることで税金控除となり、実質負担ではなくなる額である。私の場合は、28000円分は控除になるはずなのだが、返礼品に2000円以上の価値があればお得だということになる。但し、税負担の前年払いのようなものだから、翌年も生きていないと本当にお得にはならない(笑)。
ふるさと納税を試算するサイトはあちこちにあるが、下記はその一例だ。

www.furusato-nouzei.jp

 

実際には、果たしていくらくらいの価値のある返礼品が送られてくるのか分からないし、控除に関しても体験してはじめて気づくこともあるだろう。3万円分は少額かもしれないけれども、首都圏に集中している富が地方へ再分配が進んでいくことは望ましいのではと思っている。多少なりとも気持ちと余裕がある人にとっては、ふるさと納税有意義なシステムであろう。

http://www.flickr.com/photos/78738090@N08/22316068068

photo by philch6