にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

自分も周囲も自由であること

「自由」であることを尊びたい。好きなものでも何でも、可能ならば・・。選択した自由を貫こうとするのは、それなりのことがあってだ。正当な根拠があれば、私も折れるのだが、意味不明なときもある。さしてこだわりのない自由に関しての主張は私も流すのだが、自らの人生で大切にする選択した自分の行手を阻まれるのは大嫌いで、猛烈に反発する。

自由であることは自分自身だけでなく、相手のそれも尊重しているつもりである。何か聞かれた時の私のしばしば言う返答は「お好きなように!」である。だからかどうか知らないが、Miketoyは リベラル だと言われる。互いに自由である関係であれば自由に動けるので嬉しい。双方がそんな自由を理解する関係であれば、うまくいく。

 生活の基盤となる住処に関して限定して考えても、私はノマド人的なのだろう。そうでない農耕民的な人は、私の尊びたい「自由」に移動することはあまりお好きでないようだ。

住処に関わらず大切にしている価値観が異なる組み合わせ同士だと、うまくいかないのだろう。世の中はいろいろな人の組み合わせがあり得るから、こちらの思った通りにいかず不自由を強いられることは、ままある。そんな自由であることを好きでない人はいるよねと、こちらは認めているのに、自由が好きでない人は他者が自由に振舞うことの足を引っ張ることがある。私には彼らは不自由な人生だと思うことも多いのだが、「好み」の問題なのでしかたないかな。

http://www.flickr.com/photos/35631458@N02/4741751904

photo by kalyan02