にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ペアガラホ

我家では3Gガラケーの携帯電話を60ヶ月、すなわち5年以上使用している。それ以前もソフトバンクの携帯であった。そんな人向けの「ガラケー無料交換プログラム」というキャンペーン・プラン(終了時期未定)が出ている。その条件を満たせば、事務手数料3000円はかかるものの、無料でこのジャンルのどの機種とも交換ができるというもの。12月に出たばかりの今回の新製品AQUOSケータイ501SH(ガラホ)も対象だ。

今年は、ガラホ元年だと言われていたが、早々に他のキャリアから出ていたが、その機種と基本的には同じで、待ってました!という感じであった。

 

私は電話で連絡を取り合う必要のあるのは妻程度なこともあり、こういう時に友達が少ないのは便利だ(笑)。通常はワン切りにて、「今から帰る」「現地に着いた」の意味をあらかじめ確認しておくので、会話すら必要はない。いざという時の電話での会話の必要な時も、ソフトバンク同士だと昼間時間帯の電話がホワイトプランなので無料だ。会話ができない時は、(インターネットメールはやめたとしても)SMSメールで同様に連絡がつくので影響はほとんどない。
私は仕事などでのメールやウェブは完全にPC・タブレット系でするし、多少の時間遅れも許されるので問題なし。妻は、友人関係は広いので、その関係や実家に帰った時などのこともあるから、S!ベーシックのインターネット機能はつけたままである。気付かずにパケット通信をしていたということのないような注意は必要だが、それでも安くつくはずと満足している。

f:id:Miketoy:20151210073021j:plain

妻は左のレッドのもの、私は1日遅れで契約だが、良く見失うので目立つように右の「ターコイズ」という珍しい色のモデルにした。今まで故障時期や機種変更したいタイミングの相違で機種や購入時期が揃うことはなかったが、やっとペアのものになった。
この手の機械はメーカーが異なったりだと、使い勝手や機能が多少異なりやっかいだ。今後は「俺の機種でないから使い方は知らん! 自分で調べろ!!」と突っぱね拒否する理由がなくなった。このガラホに関しては、仲良くサポートしながらやっていこう(笑)。