にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

COP21に見る温度差

気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で 温暖化1.5度以内へ努力ということで、パリ協定が日本時間の今朝方に採択されたようだ。こんなタイトルのブログだとアクセス数は少なくなるに違いない(笑)。

毎年場所を変え開催される今回の国際会議も始まってから12日と、結構長い期間かけて進めている。でも国際会議で合意する云々も大事なのだけれど、何か違うのだよなという気もしている。

一応私は、エコピープルであり、市民団体の自然エネルギーを進める会のようなものにも参画しているくらいなので、環境問題は重要だと思っている。しかし、世の関心程度はそれこそ10度くらいの温度差は確実にあるだろう。私自身とて、正直に告白するならば、自らの節約、清貧生活好みのライフスタイルを合理化するために、「エコ」を持ち出してきているようなものだ。日々の生活と、グローバルな関心、そこへ至る大いなるギャップを感じるのだ。
それは、この環境問題だけに限らない。あちこちで起こる社会問題で、私たちのような先進国のライフスタイルそのものの変革が求められている現象が、あちこちで散見するように思えてならない。出口の見えにくい混沌とした世界で、また複雑に絡み合った社会システムに生きながら解決策を見出さなくてはならない。私の生きているうちは無理だろうとあきらめてしまっているのだが・・。

http://www.flickr.com/photos/34332984@N07/23504976271

photo by francediplomatie