にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

年明けになると旅行の計画を立てたくなる

新年になると、旅行ツアーのちらしが目立つようになる。今年もどこか良さげな旅どころがないかなと探していたら、ある地域で何万円よりという魅力的な価格のツアーがあった。

私の場合、これこれをする目的のために、ぜひこの季節にこの地を・・というほどな強い主体性があって決めるわけではない。できるだけ、知らない土地で、ときめきのあるところが良いが、ヨーロッパのような深みのあるところだと最高だ。実際のほとんどは、割安でとお得!!という貧乏性な発想に基づいての行動になる。この値段では通常は行けない場所に行ける特別割安価格は、肩を押してくれる一押しとなる。

価格の底値の日程時に都合がつきそうならば、あとはトントン拍子にものごとが決まる。その後、オンライン予約をし、銀行口座から直ちにその全額が引き落とされる。もうキャンセルも変更もできないようなので決まり。何が何でも行く。そこから旅は既に始まっている。昨年も下記フェアで海外に行ったが、今回もHISのツアー利用となった。来年も同様になることだろう。

 
但し、大都市はテロの標的になりそうで怖いから、メジャーでない地域が好ましい。頻度は年に一度なので、今までも魅力的な長く住みたくなるような都市は多くあったものの、一度行ったところをまた季節を変えていくほど残された時間は多くはない。
生涯で、果たしてあと何回行けるだろうか。健康で行ける時に行っておかねばと思う。
それと別途に国内、九州にも行くことになる。贅沢とはわかっているが、年に一度の国内外の旅行は、唯一の楽しみとして神様から許してもらおう。今回の旅も楽しみも、またこのブログに後日記すことになるだろう。