にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

旅での和風「住」生活

今回の旅は、移住体験のための機会で、宿に対する費用負担は一切なし。帰ってから調べてみたが、冬のオフシーズンとはいえ、同じような貸別荘での一人当たり一日の相場としては、5000〜10000円位はする。私の好みは別として、和風庭園はとても立派だし、家だけで3000万円以上したらしい贅沢な作りと設備だ。2人で2泊だから相場平均としても 30000円程度は払うに値する宿だっただろう。

f:id:Miketoy:20160212082514j:plain

九州は暖かいイメージがあるが福岡県に関してはかえって寒いかも?という感もあった。ガス暖房もエアコンも用意はされていたが暖房費は大変だろうなと思っていた。この手の貸別荘では暖房代を別途にとるところもあるようだ。九州で似たような貸別荘で、暖房代は一日1000円、月当たり換算すると3万円にもなる。高く思うけれど、山の地域だから冷えるし、広間だから大型エアコンの熱効率は悪そうだからそんなものだろう旅行者は込みの料金ならば、運用のことを考えずにジャンジャン暖房を使うのが通常だろう環境に優しくない

 

家の作りに関しては、いろいろと試行錯誤をしているので私はややうるさい。近隣もあるので太陽光が入らない平屋の障子で目隠しの作りであったので仕方がないのだが、極寒地でもないこともあり気密性の重視はそれほどでないように思えた。局所暖房をするだろうから、締め切った部屋を一歩出ると、例えば玄関先や勝手口ホールになると途端に寒いのはどこも似たようなものだろうが、和風のこの手の家ではやはり快適さには限界があるだろう。

f:id:Miketoy:20160212082524j:plain

家の暑さ寒さを決める要因は、
①その土地自体の気候、②その家の建て方、③住む人の住まい方の3つである。

 

③は私でライフスタイルはどこでも変えないから○、②はモデルハウスなので感激するくらい良いので◎だけれど、①が△で問題となり得る。朝倉市内はともかく、山の地区である美奈宜エリアは、温泉は出るとしても寒がりの妻には無理だろうから、今の地の我家の方が暮らしやすいかも?という気もした。