にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

今度は「幸せになる勇気」を

卒業式のシーズンである。卒業式典は昼前に実施されるとして、夕刻時間帯の卒業記念パーティがある。ゼミ生に卒業記念パーティに参加するか?と聞くと、参加は半分程度だ。立食、祝辞、有志団体による催し物ということで、ただ飯が食べられ、あとは勝手にビンゴゲームをやるだけで面白くも何ともない。自分のゼミの学生も含めて、どうせ行っても他の学生が話しかけてくるわけではないということが経験上から分かっている。・・というわけで、ここ数年は参加していない。

その代わりといっては何だが、若干のお金を包んで、卒業式後に皆さんでランチでもしなよと言って渡しておいた。

 

私のゼミ卒業生への最後のメッセージは、学校生活は終わったが、社会生活はこれからということ。社会人になり迷いが生じた時に役に立つのは勉強の蓄積、ゼミテキストで使った続編2冊を読もうということだけ。十分にメッセージか伝わっているかどうかわからないが、私のできるのはここまでだ。彼らのこれからの人生の幸せを祈りたい。

 

*** 「嫌われる勇気」をテキストとして使用するのが私の定番。その続編でこの春の新刊である。来期の学生には併せて使用する。

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

*** 「自分のアタマで考えよう」もテキストで使っていた。その後にこの本が出版された時も勧めたのだが、読んでいないと思われる。社会人なら、ぜひ磨いて欲しい感覚だ。

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

http://www.flickr.com/photos/52232708@N00/538897229

photo by Kables