にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

電力会社の切替え検討

本日の3月25日は、1878年に日本に初めて電灯が点灯された日で、日本電気協会が制定した「電気記念日」らしい。
そしてあと一週間で電力自由化が始まる。それに伴い、電力会社の切り替えの話題も多くなっている。地方自治体が積極的に太陽光発電を実施し、自治体で運営をというところが意外とあるのに驚いている。どうせなら、多少値段は高くなっても、原子力発電等でなく、クリーンな自然エネネギーを使い安定供給を・・という気持ちは多くの人はもっているようだ。昨年より、私も参加している「自然エネルギーをすすめ会」も、それと類似した考え方の市民団体のようなものである。

このタイミングで価格は高くとも切替をとも検討し、いくつかの企業に問い合わせてみた。ケイタイ会社、ガソリン、ガス会社なとで抱き合わせ販売でやろうとしているところも多い。ただ、我家はガスは使っていないし、ガソリンもケイタイも最低料金近辺なので、あまり乗り換えで料金的には旨味がない。それらは自然エネルギーを使うかどうかの姿勢は不明確だが、一方、Looopという自然エネルギで電力を積極的に賄おうとしているところがある。東北電力もそうなのだが、そこも従量電灯プランのみのようで、電化上手からの移行のプランがなかった。Looop社へ問い合わせをしたら次のような返事で、別件の問い合わせもしているが 10日以上経っても返事がなく、せっかく良いコンセプトを掲げているにもかかわらず、現場にまで徹底していないようで残念だ。

 

電化上手プランでしたらビジネスプランが該当し、お申し込みはできます。

但し、電化上手は夜間とても安いプランなのでエコキュートや電気温水器など夜間蓄熱式機器を導入されている場合、電化上手のほうが安い場合がございます。よくご検討くださいませ。

  

ともかく、現時点では提供されるプランは限られる。深夜時間を利用してお湯を沸かす東京電力の「電化上手」での安い料金のメリットは捨て難い。時間帯別料金体系をとっているところでは、深夜電力は平滑化のために原子力発電を利用していることだろう。ということは、我家のお湯は、原子力発電でわかされたお湯だということになる。総論賛成、各論反対になってしまい、言行一致するようにしいが当面は東京電力のままで行こう。でも、給湯方式を変えれば事態は変わるので、少し検討をしてみたい。

http://www.flickr.com/photos/92803345@N00/3038816382

photo by Carlo Columba