にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

朝に見る嬉しい景色

朝にドアを明けたときの景色が、こんな海の見える風景だったら嬉しい。

f:id:Miketoy:20160322101904j:plain新たに検討している住替用の選択肢である中古マンションの風景だ。北側、玄関を開けた状態で見える瀬戸内海の景観は私には魅力的だ。
ただ、築年数が40年以上、耐震基準は旧基準のマンションだから、あまり好まれない物件かも知れない
。部屋面積は約57平米。間取りは若干の不満はあるが、それはリノベーションなどで対策可能。広くはないが、かといって狭くもない。夫婦2人なら十分だと私は思う。
マンション全体のメンテナンスは良さそうだし、大規模修繕
工事や塩害対策のようなものもされている。海に近いから南海地震は心配だが、内海だし、マンションが倒壊するくらいの事が発生したら、どこも同じように大混乱ものだろうから、その時は日本とともに沈没しよう。

 

たまたま同時期に、もう一つの選択肢の中古マンションとしてこちらも見た。窓を開けた風景、チラッと見て「うーん」である。日当たりの問題もあるが、毎朝、カーテンを開けるたびに、こんな風だったら、せっかくの爽やかであるはずの朝が興ざめだ。元気なうちの残り十数年をその場で過ごすと考えると、やはり日々気持ちよく暮らしたい。

f:id:Miketoy:20160322101900j:plain