にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

お客さん優先か、働く人優先か

今日は4月29日昭和の日だ。関川夏央さん的に考えると、昭和に換算すると今年は「昭和91年」と今朝の日経新聞コラムにあった。なるほどもうすぐ100年か。併せて祝日だ。我家近辺では、火曜と金曜は一般ゴミの収集日である。だいぶ前になるだろうか、年末年始や祝日にそんな日が重なると、ゴミ出しは休みで次回まで延期であったと思う。年末年始等のゴミの多い時は、ゴミ量も多いし、臭いにも困ったものだ。熊本の避難地域ではゴミが処分されず、悪臭もあり困っていると聞く。病原菌の元にもなるので、早急な対応が必要になる。

少し話は変わるが、ゴミをあまり配慮なく喰い散らかし等の沢山のゴミを出すのも困る文明病でもある。思いつきのアイデアだが、住民税を下げ、一方、一袋のゴミ当たりに100円を課金するシステムにすれば、ゴミ消費はセーブするようになるのではないか。環境に優しいライフスタイルが浸透してもらいたい。

 

さて、ゴミの問題でもそうなのだが、私たち市民の利用者はお客さんである。ゴミ処理サービス提供側は働く側である。以前は、働く人優先で、「国の定めた休日のときは休みだ、文句あるか! 」であった。 サービス提供の相手側のご都合にあわせ、我慢する必要があった。おかしな話だ。今は、顧客優先で、働く人はシフト等の体制で動くようになっている。

私はお客さん優先の社会になって好ましいと思うのだが、働く人こそ優先すべきで、利用者のサービス低下はやむを得ないと考える人もいる。

これは結構、根本的な話ですれ違うことだろう。そういう人たちは、互いに異なったコミュニティで暮らせば、平和なのではないかと思う。

私は平成の今の生活は昭和の生活と比べて、格段に暮らしやすくなったと思うので、顧客優先の今を支持する。昭和のあんな顧客軽視の時代には後戻りしたいとは全く思わない。

http://www.flickr.com/photos/88611824@N00/3916051573

photo by mrbill78636