にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

リタイア後に定期健康診断は行くのか?

今の職場で健康診断をするのは今回で最後だ。今程度の健康状態ならば不満はないが、どのくらい長く維持できるだろうか気になるところ。可能ならば、平均健康年齢の水準までは楽しく生きたい。男の場合の平均健康年齢を70歳とすると、あと7年だ。

来年からは、住替え先の新たな地で健康診断を受けることになる。その際に、どの病院をかかりつけ医としようか、場合によっては最終地となるかもしれないから今度の選択は真剣にならざるを得ない。

 

健康維持管理のために、場合によっては退職直前 の来年3月に人間ドックにかかるかだが、今後も年に一度4月には定期健診に行くこととしたい。さて、リタイア後の方々は定期健康診断は行っているのか?。想像だがあまり行っていないのではないか。わざわざお金をかけ、いろいろ検査をして、ここも悪いあそこも問題だと、痛くもないところまで探られ芋づる式に支払いが増えていくことになり嬉しくないからだろうか。

健康診断費用も一回で約一万円弱かかる。健康保険組合によっては保険料に組み込まれたサービスのところもある。私は、とりあえずあと一年は身体は持ちそうという当てにならない気休めの保証をもらうつもりで参加する(笑)。
共済組合のリタイア後の 任意継続では、期間は2年間限定、医療保険だけで月額4万円近くかかる。その後は収入は年金だけになるから、月額医療保険負担は減るはずだが、実際は各自の収入に大きく関わり、場合によっては同程度の負担にもなり、また市ごとの地域差も大きい。とりあえず医療保険と実費医療費個人負担分を含めて、計で約4万円を見込んでリタイアプランを立てている。病気になってからの後手の対策は嫌いだから、先手必勝! の心意気で、あとはなるようになるしかないと諦めもつく。

http://www.flickr.com/photos/75012107@N05/8020223536

photo by Montgomery County Planning Commission