にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

愛すべきガラケー

Galapagos

昨年10月で固定電話をやめ、さらなる通信料の削減を図った経過を報告したい。今のインターネットを含めた通信料は月額で約6000円であるが、その料金の内訳は固定料金と変動分の通話料に分けられる。

ケーブルテレビ会社(JCOM)のネット通信料金は120Mのネット接続の4298円とテレビ720円の固定料金だけ。これにWiFiルーターをつけて、日常はパソコンやタブレットを動かしている。プリンター、DVD等々、その他テレビの接続は基本的にはすべてWiFi経由で快適だ。ケイタイではパケットは使用できないようにしてあるから不要で、固定分と通話料のみ。通話料金は下記のように変動分があり使い方次第だが、一般的には1人だけなら格安スマホを、2人以上の住まいならばガラケーWiFiタブレットが経済的側面からは有利という状況に今でも変化はないだろう。

f:id:Miketoy:20160517043646j:plain

 

私の方針としては、できるだけ電話はせず、また通話料も払わずに済ませたい。かける必要のある時は、まずフリーダイアルでの道を探し、会社などは価格にセンシティブでないから、先方からかけてもらう道があれば利用する。
それでも電話をかけないといけなかったときはどんな時か。この半年あまりで遭遇した私の場合の1つは宅配便の不在票が入り、その再配達依頼の時。これは050のIP電話で連絡がついた。SMARTalkのIP電話では、かける番号によりフリーダイアルがエラーとなり、通話できない場合も多い。

市役所に連絡しなくてはならないこともある。これはLINEの無料電話があるので、それで済む。

携帯電話からでもフリーダイアルのつながるところは増えていてあまり問題はないが、固定電話でないとフリー電話を受け付けないところにも時に出くわす。その通話料支払いの必要だったのは大きく2回、フリーSIMの開通手続きのための電話とクレジットカード会社の連絡だ。回数は少ないものの、ナビダイアルで料金はいつも100円以上は要した。

後者は数日前の必要性はクレジットカード の磁気テープが読まなくなった時。再発行をしてもらうための連絡先はナビダイアルのみ。こちらの問題ではない商品不具合の交換リクエストだけなのに、通話完了までに120円の支払いをしなくてはならなくて不満。余計なお世話のガイダンスが長く、その間も金をせしめるナビダイアルは大嫌いだ。

ウェブサイトのお問い合わせで何とか連絡し、通話をせずに措置をすべきだったなと反省だが、この手の単純なサービスは直接の電話による会話でなく済ませるようになってほしいものだ(5/23 追記、mypageからこの処理はできるようだ。今回は授業料として、今後はこれを使おう。)

ともかく改善の余地はあるものの、この半年余りで固定電話のない問題は、ガラケー(実際はガラホ)による代替で見通しがついた。結論的には、固定電話はなくても経済的にも全く問題はなかったということ。それを支えてくれた今でも様々な機能を持っている「ガラケー」がとても愛おしくなった。