にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

2016年のドドナエア

ドドナエアのベストシーズンは今の時期であろう。この2年、我家のシンボルツリーでもあるドドナエアをまとめて紹介している。YahooやGoogleでの「ドドナエア」に関して、通常の検索以外の画像においても、比較的上位でこの関連のブログ記事はヒットしている。今回も2016年版として、その癒される風景を記録にとどめておきたい(2017年以降は住替えでできなくなるので、これが最終版になるはずだ)。

 

まず、西前庭にドドナエアBがある。樹高は 3メートル以上あるが、今までは大きくなれ!と願っていた。今は、伸び放題で暴れていた枝を、今以上に大きくならないよう方針転換をしている。ただ、形よくなるべく剪定を始めているものの、技術が伴わない。

f:id:Miketoy:20160530102948j:plain

こちらはその反対側の家の室内側テラスからの写真である。ドドナエアの枝の伸び方の癖はわかってきている。剪定のコツの基本は、四方八方どこから見ても三角錐形なのだろう。こう書いてくると、切るべきところがわかるのだが、実際そのバランスはやるとなると難しく、その道のりは遠い。かといって、人任せにもしたくない。

f:id:Miketoy:20160530103019j:plain

ドドナエアCは、東寄りの玄関脇花壇にあり、土スペースは大きくはないのだが、ドドナエアBと東西の双璧になる程度大きく育っている。昨年は大幅に樹高が伸びたこともあり、頂上をバルコニーを超えない程度に抑え剪定している。

f:id:Miketoy:20160530103054j:plain

花のように見える萼というか鞘をアップしたセクシーな色の写真も載せておこう。

f:id:Miketoy:20160530103116j:plain

ドドナエアE。一昨年に病気になったりで、樹高があまり1m以上伸びない。鞘の数は少ないものの、角の定位置で、小振りながら頑張ったたたずまいをしている。

f:id:Miketoy:20160530103142j:plain

ドドナエアA,D,F,Gは欠番だ。A,D,Fは懸命な看病にかかわらず亡くなった。 Gは実家に差し出した我が子のような人質だった。それが水やりのサボりか何かで亡くなって、私としては今でも恨みに思っている(笑)。 

miketoy.hatenablog.com

 

ドドナエアの世代交代がうまくできず、残存本数は半減しジリ貧になるかもしれないとの危機意識はあった。そこで、昨年に小苗を購入し、ドドナエアHが新たに仲間入りだ。30cmくらいの樹高が今や1mくらいと形をなしてきて元気に育っている。だが、まだ子供のドドナエアなので、花実がつく気配は全くない。葉に関しては先輩のドドB,C以上に大きくなっているのが不思議である。
思い起こせば、今立派な木に育っているドドナエアBもCも、最初はこのくらいの細い頼りない幹であった。来年か再来年には、必ずや大人の木となり実をつけてくれようになることだろう。

f:id:Miketoy:20160530103215j:plain

 

 ****** 去年と一昨年のドドナエアの風景 ******

miketoy.hatenablog.com

miketoy.hatenablog.com