にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

不動産バブルでは?と不安になった

住替え先の狭い中古マンションは昨年に手に入れている。リノベーションして長く住む予定だった。
しかし、少し事情が変わってきて、軌道修正だ。売りに出すということで話は現在、進展中。住替えの地でも不動産バブルが弾けるのではと不安になったためでもある。
探せば、適当な賃貸案件はたくさん転がっている。そんな中で、中古物件に今後さらに古くなった時に買い手はつくか。より負担の少ない良い条件の物件が供給過剰で余っているのではないだろうかと賃貸物件に乗り換えようとしている。バブルの崩壊する前に売り払っておかねばならない。とは言え何が何でも売るのだという気はなく、売出し期限は2カ月に限定している。売れなければ、当初の予定通り、リノベーションして住む方針に戻す。

せっかく中古物件を大々的にリノベーションした後に、転居せざるを得なくなったら悲惨だ。次に住む方が、リノベーションしたところの価値も認めて購入してくれれば良いが、住まいの好みは人それぞれ。家族構成も違うかもしれない。私の手を加えたところに価値を見出してもらえるのは価値観の合う人だから、それを期待するのは無理かもしれない。評価してくれない場合は社会的損失となる。だから、あまり手を加えずに、そのまま売り、次の方の好みのようにカスタマイズしてもらうのが最も良い策なのではないか。自分の家の好みを他者に押し付けないこと、余計なお節介をしないことが肝要かもしれない。

ということで、一括見積もりサイトからの紹介の5社に「一般媒介契約」で売りに出した。お客さんがついたら、当然ながらもう手放す。その地、そのマンションに気持ちを入れ込んでいたので残念であるが、それがその部屋にとって最も幸せな道なのだろうと思う。この部屋よ、最適なところに嫁いでおくれ、それが前オーナーの願いである。

American Dream, after Grant Wood