にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

セコイという上から目線

Automatic Penny Pincher

セコイに類似した英語は、penny-pincherとかいくつかありそうだが、舛添知事の辞任に関連してニューヨークタイムズで sekoi と表現されているようだ。

 

This is sekoi — too sekoi,” Shigeru Kamibayashi, a member of the assembly from the right-leaning Liberal Democratic Party, where ... He has taken large groups of aides on trips to London, New York and Paris, flying first class and staying in upscale hotels. ... government limousines to travel back and forth to a home he owns in a spa town southwest of Tokyo 48 times since April last year.

 

「あまりにせこい」とまでいかなくても、あまり嬉しくは響かない表現だ。英語ではニュートラルな感じがするが、日本語では否定的なニュアンスがあるように思う。

自分は大らかであるが、しかし相手はセコイと、そんな言葉を発するということは、相手を全否定している「上から目線」を感じる。元妻の片山さつき氏が、そんな言葉を発していたが、それではうまくいかないのは明白だ。
セコイことはそんなに悪いことだろうか。想像するにセコイと評されると私にとっては倹約家であり、悪くない意味に思うのだが。「一円に笑う奴は一円に泣く」ということばだってある。日々が一円のような小銭であったとしても、それを大切にし生きたいと思う。