にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

素人判断は甘かった

ハウスメーカーに、家の10年目の検査に来てもらった(これは込みの無料サービス)。「検査」はただの「点検」とは異なるレベルなようで、要した時間は約2時間半。今回は赤外線の水準器などの道具も持参の本格的な現場診断であった。
まず家の基礎や外壁の欠損や浮きがないか外装塗装、シーリング打替え必要性からのチェック。多少欠損や浮きが見られた。軒裏は塗装の剥がれがあり、樋や屋根の軽量スレート瓦や屋根約物でも目視だがあるとの判断だ。バルコニーのFRP防水は、壁面に一部ひび割れありとのこと。室内2階居間での、水平度の広域のレベル傾き調査もあった。数ミリの傾きはあったが、許容範囲内とのこと。小屋根は天井裏口からチェックだが、とてもきれいだと言っていた。床下の「防蟻処理」は提携会社でしてもらったいたので軽くチェックで問題無し。

日々の管理はしているし、不具合もないので程度は良いはずと予想し、保証延長工事は、せめて2桁の低価格で済むはずと思ったが甘かった。あと10年の長期保証延長工事をしてもらうのには総額170万円要するとのこと。約200万円要するとの事前情報はあったので多少かかるのは予想はしていたが、こんなにかかるとはびっくりだ。その費用内訳は次の通り。

仮設工事(足場・養生ネット)で21万円。下地調整(高圧洗浄、ジョイント・窓周りコーキング)で25万円、塗装工事(周辺養生、外壁塗装)で42万円、雨樋・破風板・軒天で12万、屋根で28万、ベランダトップコート(弾性FRP防水、縦型ストレーナー)で14万、シロアリ防除で12万、その他5万円で、計158万円、消費税12.6万円で、総計170万円余りとなる。

 

こんな高価格の継続保証を頼む人はどの程度か比率を聞いたら、約99%、第三者機関JIOでの保証は、やや下がって8割だと言っていた。話半分の営業トークだろうから割り引いて判断しなくてはならないだろうが、お客さんはずいぶん気前が良いのだねと、ここでまたビックリだ。

 

ともかく家の状態はプロの目から見ても悪くないことは確認できたので、あとは「保証」にどれだけの価値を置くかである。私は現時点では頼むつもりはないが、きちんと良い状態でこの地を次世代に引き継ぐことは目標でもある。それがこの土地を親から兄妹了承の上で相続させてもらった私に課せられた使命と思っている。

f:id:Miketoy:20160621060840j:plain