にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

暑さ対策のノウハウの蓄積

昨日は暑い日だったが、我家ではエアコンの本格的利用はまだ部分的である。あと、2、3度高いとフル稼働となる。その判断のために、Yahooの災害天気の情報や予報を前夜や毎朝にみている。
まずは昼の最高気温対応だ。昨日の予想温度は31度で、一階は百葉箱のような環境だから、室温はほぼその温度である。1階ならば、エアコンなしでもギリギリ扇風機で過ごせるくらい。2階はプラス5度はあるし、屋根裏の熱もこもるので、夏に関しては最低限しか使えない空間だ。

問題は夕方から夜の蒸し暑さ対応である。通常晴れていれば午後に最高気温が出て、その暑さが籠り、室温がなかなか下がらないし、風もない。朝の気温が、熱帯夜で25度以下に下がらなければ、室内温度がプラス5度程度なので、室温は30度となる。それを超えるかが、エアコンを夜通しするかの目安だ。30度は熱帯夜でない晩ならば暑くて寝られないというほどではない。昨年から1階で寝ているのだが、2階と比べると2、3度低いものの、窓を開けて寝るわけにはいかないので、風通しが難だ。今年はリビング扇とか魅力的な風を送る扇風機を購入し、サーキュレータ代わりにしようかとも検討したが、とりあえず今のエアコンで間に合わす。

悩ましいのは室温の制御だ。活躍しているのが、昨年より使い始めているダイキンの うるさらエアコン (AN22SFS)だ。"快適自動運転"モードでは湿度は60%に保ちながら温度を下げるプレミアム除湿機能により快適になった。やはり不快なのは湿度なので、温度はそれほど神経質にならない程度にした。快眠をサポートする "おやすみ運転" というのもある。家にある他社のエアコンでの除湿は、ただ湿度を下げたり、設定温度後に湿度調節をすることないところが違いで、それが体感の寒さに影響していそうである。

 

*** 今は断捨離したので、すっきりして快適なこの部屋で寝ている (歪んでいるのは270度のパノラマ写真のため) ***

f:id:Miketoy:20160711193241j:plain

もう1つ夏にしていることは、庭木の日除け対策だ。毎年苦労しながら試行錯誤していたが、今年は前面オーニングで、下のように素直に並べてみた。気休めでしかないかもしれないが、今後はこれで定番で良いのではないか。来年以降は住み替えるので、この家にはいなくなる。10年かかった解決策が、やっと出た途端に家を出て行く(笑)。
後に住む息子が必要ならすればよいといことで写真で残しておく。我家の取説のようなものである。そのような暑さ寒さの各家で異なる固有なノウハウは蓄積され、伝えられていくことにより、不必要な試行錯誤の繰り返しが避けられる。

 

*** ドドナエアのピンク、ホンコンエンシスの白の花殻は取り去ったので、緑一色の庭になった ***

f:id:Miketoy:20160711193400j:plain