にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

初めて他者のブログにコメントしてみた

ブログ歴はそんなに長いわけではないが数年は経っている。この間、TwitterでもFacebookでもそうだが他者にコメントしたことはない。でも、したらどうなるかなと思い、昨日生まれて初めて試みた。とは言え、若い頃ならいざ知らず、そこで新たな世界の扉開くなどと期待しているわけではない。今回はブログタイトルが以前のままならしなかったと思うが、最近タイトルを変更したことも影響して、これはコメントすべきと思ったのだった。

 

以前に自分はコメントするのに、他者からのコメントは受け付けないというのはフェアではないと主張する人がいた。そうかもしれないと思い、私の右側のプロフィールのところにメールアドレスを入れてみた。但し、@の記述はロボットによりターゲットにされそうなので避け、文字にしてある。メールでのやりとりをしたいわけではない。何かどうしても連絡を取りたいときの窓口として、開けておこうかなと思ったためである。

実はこのブログにも今までも数件のコメントを頂いたりもしている。しかし、基本的にはつぶやきブログで、他者へのお役立ちや交流を楽しむことを目指していないので、申し訳ないけれどそのまま放置している。ブログに星をつけてくださる方にも同様で、スター返しも何もしていないことに多少の罪悪感を感じている。そのうち愛想をつかされ、その結果、嫌われるかもしれないがそれは他者の課題。自由に生きる代償として、嫌われる勇気をもち続けたい。

 

心配し過ぎかもしれないが、意図しない中傷などにより最悪のシナリオでブログ閉鎖はあり得ること。ライフタイムアドレスとは異なったメールアドレスを使用し、メールアドレス閉鎖でも困らないよう予防線を張る。生意気なようだが、ブログくらい自由に好き勝手にやらせてくれーい!、と普段から好き勝手にやっているのに吠えている(笑)。

Comments

generic blog comment form