にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

いつも家では iPad mini

快適な ITライフを送れている。今回、タブレットを中心とする私の全体像を披露し、ペットのごとく愛しく共にいる iPad miniと過ごす生活を紹介 (自慢?(笑))したい。
初期費用もまた月々の運用費も、著しく安いはずだ。5年近く前に購入したパソコン(MacBookAir)を除けば*1、以下に示す2人分の総額IT資産は10万円余りで済んでいる。数少ない誇れる組み合わせだと思っているのだが、新たな場に引っ越し、環境を整える場だとしても同様にするだろう。今まで3年くらいこの構成だか、今後もあと2年はもつと思うので、費用を平滑化して積み立てたとしても、通信関連費用で年あたり4万円程度を追加予算化しておけば十分だろう。
使いもしない機能満載のWindows 10の更新作業など、わけのわからないことで苦労している人の話を聞くと、「え!、まだそんなことやっているの!? ご苦労さんだねぇ」と言いたくなってしまう(笑)。

話せば長くなるので、今回はお家モードの時の話に限定しよう (外出先での利用はまた明日)。

Baby loves iPad2 - NodeBeat

インターネットの接続は基本はWiFiであるが、
ケーブルテレビ(JCOM 地デジ+ ネット接続で約6000円/月と NHK受信料1200円/月) ⇄ WiFiルーター(3千円) ⇄ iPad mini2 ( iPad2, 妻用 iPad mini 16Gで、いずれも3万円以下の最低仕様モデル)のタブレットが基本、そして時折パソコンも使用という感じである。

WiFiのトラブル時は時としてあるので、その時の問題解決にはパソコンがいる(これは煩わしい)。MacBookAirからのUSB Etherアダプター(3千円) で有線LANに接続し診断する (代替機としてWindowsで接続の必要な時はIBM Thinpad 240を利用。Windows98だが、ブラウザなど最低限の接続機能のみを用意している)。

その他、各種周辺機器もケーブル接続はなく全て WiFi接続。プリンターは EPSON EP706A (約1.6万円)で、スキャナーとしても利用。DVDを見る必要のある時もLogitecのDVD WiFi (約1万円)。テレビやワンセグも別のアダプター接続(4千円)でタブレットから利用可能だ。

日常のメール、ウェブ閲覧、ちょっとした文章作成も全てタブレット、標準で用意されているアップル社のアプリ(Pages,Numbers,Keynote)だけで十分すぎる機能がある。もうマイクロソフトオフィス系は使っていないので、ソフトウェア代は無料だ。
細かな図を描いたりする時はパソコンだが、本格的な長い文章を書くときは Bluetoothの日本語キーボード(1.2万円)を利用すれば、ほぼ問題ない。この頃はその接続も億劫なので、タブレットだけでソフトキーボードで事足りる(その際は、不本意ながらローマ字変換を利用している)。

来春の引越し先マンションでは、一括で 光フレッツでの契約のようだが、上述のケーブルテレビ接続部分が、家ではそれに変わるだけ。だから、平行移動で他はそのままのタブレット生活が継続するはずで、機器が壊れたら代替するくらいで IT関連での今後の追加投資は当面ない予定である。

*1:パソコンは今後に買換える予定はなく、壊れたらタブレットだけで何とかする予定。