にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

素晴らしい映画「インターン」

マイ・インターン(字幕版)

クルーズの旅の時に、あまり乗り気なしで暇つぶしに見た映画がこの「マイ・インターン」だ。昨年9月に公開された。久々に感激し、私が評価するなら文句なしに星5つの満点だ。あまり数多く見ているわけではないが、この数年見た中ではベストな作品と言えるくらいだ。

雇用することになった40歳年上のベン(ロバート・デ・ ニーロ、左)が“シニア”インターンとしてやってきて、ジュールズ(アン・ジャクリーン・ハサウェイ、右)のアシスタントをし始める物語だ。自己主張はすべて押さえ控えめにしながら、若い人を徹底的に暖かく見守る役をしている。 

私の迷っている第3ステージの生き方に、灯りをともしてくれた。いやらしく自分自身がジュールズと恋に落ちるというのとは異なる(笑)のが新鮮だ。

私も隠居し、老け込むのは止めようとの意を強くした。宮沢賢治ではないが、ベンのようなシニアに私はなりたい。そんなリタイア後の道を模索している人には、お勧めしたい映画だ。

 

・・とは思うのだが、この条件が整うのは難しい。1つは、私が奇跡的にベンのような人になれたと仮定しよう。ベンの応援しようとする相手は、恐らく不特定多数の誰でも良いわけではない。尊敬するに値する人だったからこそ応援しようとしたのだ。あくまで、自ら懸命に努力している人に対してであり、やる気のあまりない人に対してでも、火をつけて・・というわけではないのだ。そこに私の長い間抱えているジレンマがある。

現実的かどうかはともかく、偶然が重なって織り成すポジティブな社会、そんな微かな可能性のあることをエンタメとして楽しむことができる。