にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

2冊目のブログ本

今年になって2冊目のブログ本が完成した。タイトルは「アドラー的ライフスタイルを求めて」である。Posterous というサービスを使っていた今から5年前のブログで、ブログをはじめとするソーシャルメディアを使い始めた頃の迷いや試行錯誤を記した1年間の記録である。
1年間書き続けると、私の書く文章程度でも、この程度の285ベージの、一冊のまとまった本になる。まさに、チリも積もれば本になるである。

書店での販売を意識していないので、配布先は身内のみに限定無料配布。内容的には、いまブツブツと書き殴っている同一の流れだが、それらの背景のようなものを書いている。所詮は自己満足ブログだが、自分の生きた証を示すことができる。形が残るというのは、達成感を味わえて気分が良い。このくらいはエンディング関連費用としては妥当な範囲ではないか。

f:id:Miketoy:20161004165116j:plain

元ネタは下記サイトと同一内容だが、やはりブログと違って、"本" という形があることと一覧性の良いのが最大の特徴だろう。マイナス点は、索引がないから、あのことに触れていた記事は・・といった場合に検索できないので、しらみつぶしにみていかなくてはならないことだろう(但し、それはデジタル検索すれば良い)。

 

miketoy's posterousブログ一年間のアーカイブ

 

私の使用したのは下記の Mybookのサービスだ。完成まで何度も手を加えることができるのが良い。2回とも、ここを利用したのだが、一冊目の春の本化時は、とても緊張したが、今回は2回目なので気楽だった。何事も初回の障壁は高いだけ。あとからみると、何でこんなことに苦労していたかとすら思うくらいで、手間はそれほどでもない。まず、日々書いているこのブログを、MTフォーマットに変換する。その後に、自分の好みのページスタイルになるように手を加える。日付は、読みやすいように古い順から手作業で新しいものへと並べ替えた。そしてレイアウトが希望通りになっているかをプレビューで見て、その後に調整する。前書きやあとがきを最後に記す。それはそれなりに楽しい作業だ。手を加える程度は、提供されるブログサービスによって違い(並べ替えができるとか?)はあるだろうから、詳細はそれぞれのリンク先を参照してほしい。

 

www.mybooks.jp

 

初版は10冊を印刷したが、今回は9冊。その冊数やページ数によって単価は変化するが、上記サイズでモノクロ版の一冊あたり費用は 約2500円くらいだ。
当初は書籍化も考えたが、儲けることは不要だし、デジダル形式でブログも残っているので必要ないはずだ。自分だけのドメインをとってなどという気もない。私の場合は、今後も「はてなブログ」の間借りだけで十分である。

もう1つ本化するとするならば、その対象は現在のこの miketoyブログ だが、Kindle出版で、いつの日か日の目を見るかもしれないと思ったが、本の形のある今の2冊だけで十分と思うようにもなっている。

 

*** この春に1冊目として 本化 したのはこれ⬇︎

miketoy.hatenablog.com