にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

本は買わない。家計に響く

私の本代はゼロである。でも書を読まないわけではない。読書家の方だと思う。本は最新刊を読みたいとなると、タダでは済まない。電子書籍だと多少安く買えるし、プライムの会員になっていたりすれば、読み放題のプランもあるので、いずれはそうなるかも?と思ってはいるが、お金を払ってまで書を読みたいとは思わない。ネットだけで十分である。

最新刊でなくても、少し我慢ができるのならば、図書館で読める。人気のある本は、リクエストしても待ち行列があるものの、いつの日にか必ずおさまる。仕事でない退職者には、そこまで急いで読む必要もないだろう。でも少し家から遠いのと、坂のアップダウンがあるので億劫だ。

 

10月20日に思い立ってから昨日まで、下記リストにあるように数十冊は目を通した。図書館で読むのではなく家で読む。そのほうが遥かに落ち着くからだ。それでも、途中で読む気が失せてギブアップなものも、その1割程度はある。

あまり前向きな読書ではない暇つぶしなのだが、この頃は気候も良いので、自転車で1時間のサイクリングがてら、鞄に目一杯本を借りる。もうじき寒くなると億劫になってくるはずだから、読書の秋の今のうちにアタマとカラダ維持をしておきたい。そのために駆け込み読書のようなものだ。

でも、もう飽きてきている。本のためには一冊毎に書評を書くべきだろうが面倒だ。だんだんとネットの情報と同様に、その扱いが雑になってくる。大前研一氏は、1時間書を読んだら、3時間思索せよと言っていた。読書の秋が終わったら思索の時期にしたい。

 

「人生の逃げ場」上田紀行朝日新聞出版、2015
「シンプルを極める」ドミニック・ローホー、幻冬舎、2011
「50歳からの危機管理」河村幹夫、角川書店、2006
「60歳から始める小さな仕事」瀬川正仁、バジリコ、2011
「シニアよ、ITをもつて地域に戻ろう」山田肇他、NTT出版、2009

「成功するシニアビジネスの教科書」村田裕之、日本経済新聞社、2014

「町の未来をこの手でつくる」猪谷千香、幻冬社、2016

「どうする定年」日経ベリタス編集部、集英社、2014

「定年後 極楽生活入門」舛添要一小学館、2005

「英国のOFF 上手な人生の休み方」入江敦彦、新潮社、2013
「定年後 年金プラスひとの役に立つ働き方」杉山由美子、朝日新聞出版、2014
「やりがいのある仕事という幻想」森博嗣朝日新聞出版、2013

「社会を変えるを仕事にする」駒崎弘樹英治出版、2007

「節約の王道」林望日本経済新聞、2009

「僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと」和田一郎、バジリコ、2015

「退職金は何もしないと消えていく」野尻哲史、講談社、2008

「自分年金のつくりかた」方波見寧、日本経済新聞出版社、2012

「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」ロバートキヨサキ、筑摩書房、2003

「お金持ちになれる黄金の羽の拾い方2015」、橘玲幻冬社、2014


「家族という病」下重暁子幻冬社、2015

「聞く力、阿川佐和子文藝春秋、2012
「すてきな夫婦暮らし、村瀬敦子、村瀬幸浩、2009
「和のある暮らし」三浦康子、PHP、2007
「55m2の暮らし替え」大原照子文化出版局、2005
「受け継がれる住まい」住総研、柏書房、2016

「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」西方里見、エクスナレッジ、2014

「マンションは10年で買い替えなさい」沖有人、朝日新書、2012

「マンションの理事になったらこの一冊」マンションの管理と自治を研究する会、自由国民社、2015

「スマートコミュニティ」柏木孝夫、時評社、2012

「自宅で楽しむ発電」中村昌広、ソフトバンク新書、2013

「自転車が街を変える」秋山岳志、集英社新書、2012

「これからの自転車読本」川口友方、東京地図出版、2010

「自転車で健康になる」中村博司日本経済新聞出版社、2009
バイクツーリング完全マニュアル」、太田潤他、大泉書店、2006

「親の家のたたみ方」三星雅人、講談社、2015

「ファミレス 上」重松清、角川文庫、2016

「東京は郊外から消えていく!」三浦展光文社新書、2012

「住んでみたドイツ8勝2敗で日本の勝ち」川口マーン恵美、講談社新書、2013

「大学の下流化」竹内洋NTT出版、2011

「工学部ヒラノ教授の敗戦」今野浩青土社、2012

 

本代はゼロなのだが、唯一の例外は雑誌。NHK出版の「きょうの料理」だけは娯楽雑誌として毎月購入している。番組テキストということもあるが、内容も記事もホットなカラフルな写真も多く、とても割安と思う。

Unintended