にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

頼りない税理士

市の税務相談に行ってきた。内容は居住用小規模住宅地の80%減額特例の条件について私の状況は該当するかどうかである。対応して頂いた方は税理士のようだが、まずルックスが良くない。むさ苦しいしクラく細かそうなタイプの人であった(笑)。おまけに、よくわからんようで、こうだと断言しないし、頼りない。本当に税理士資格を持っているのかと疑念すら湧いた(今まで関わって頂いた税理士の方はシャキシャキしている人ばかりだった)。結局のところ、相続税国税、固定資産評価は地方税で、連動はしていないとのことはわかったが、確証を持てないまま終わった。まあ、無料だからしかたないか。

 

土地・建物の固定資産税の評価と関連する。私が親から家を相続した時も使えたはずだが、無税の範囲だったので問題はなかった。しかし昨年より相続税税制改正はされているので、下手すると相続税がかかるケースとなる。

もう1つ問い合わせたのは、家のリフォームをしたことによる建物分の評価額に関してである。市の課税課に確認したところ、増改築のようなものが申請ででているもの以外の細かなリフォームまでは対象として見ていないとのことだった。これで安心。できるだけ家のシニア対応のリフォームに投資する。当然ながら自分自身への投資であり、相続とは関係ない話だ。もし問題が起こるとするならば、投資しようとしていた現金を持って、まだ使用していない時点でコトが発生した場合。そうならないよう、ある程度長生きしなくてはならない。
ともかくこれで、保険加入の脅迫から逃れられる解決策を持てた。金融機関の言われるままにならずに、第三者的なコメントももらっておくという情報武装は重要だと再認識した。

Vintage Ad #1,858: Tax Dodger!