にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

現金不足の12月決算

月末に決算記事としたいのだが、年末特有な記事も予定しているので数日前だが、見込をベースとして会計報告を締めたい。今月と来月は、現金、キャッシュフローが危く、地元銀行の生活口座の3カ月分のストックがほぼ底をついて、残高を食い潰してのギリギリの資金繰りだった。

とは言え、ハローワークに行った2日後に、待望の失業手当が入金されていた(初めて貰えて嬉しかった)。意思決定の処理は遅いのに、入金事務処理は意外と早いのに驚いた(こちらは実質処理は銀行だからかも)。

 

収入:   失業手当(14日分) 93,618円 

支出:   以下合計(夫婦2人生活)  164,400円

 食費 90,000 

 光熱水道費 9,800

 通信費 7,000

 雑誌新聞情報代 6,700

 日用品 3,200

 被服費  13,000

 医療衛生費 3,700

 交通燃料費  3,000

 その他家庭維持 28,000 (花苗 + 浄水カートリッジ*2)

 Yen

12月の食費は通常の月平均より毎年ながら約2万円高い。年末年始は年末・正月料理(準備)で贅沢になるし、また手持ち現金も少しは持っていたい。その他の今月の家庭維持費も別枠とすへきかも?だが、7万円の赤字はやむを得ない時と考えたい。

これら通常の生活費以外の12月の別途費用として、畳の表替え57,885円、住民税4期分の振込277,000円、NHK年払い13,990円、さらにふるさと納税80,000円がある。これらは別枠で扱っているものの、支出の大きな月は、やはり大変である。