にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

お正月のおせち料理作りに参画

お正月といえば、おせち料理である。我家では、NHKテキストの「きょうの料理」が大活躍する時である。昔風のおせち料理なら要らないのだが、番組では毎年異なる若手の料理研究家が新作メニューを紹介されたりで感嘆するものも多い。今回は、高橋拓児さん、若手と言っても40代初めと思うが、現代風のおせち料理というのでとても魅力的だった。しかし結局は、下記のようなお手軽「おせちセレクション」と毎年の定番の組合せを作ることになった。美味しかった。

f:id:Miketoy:20170101085025j:plain

良くできたと思うのは、今回は妻のお節作りのアシスタントをしたからということもある。そんな料理作りに参画する気になったのは、昨年に退職したことと、その後に3回料理教室に通ったことが大きく影響しているはずだ。当事者意識は満々で、細かいところまで目に届くようになる。アシスタントでも耳年増であるから、いろいろと口を出すので、イラッチがきていたようで五月蝿がられた(笑)。狭い調理場の空間で、嫁姑が共同で料理を作るとなると、細かな一挙一動を共にし、さぞかし大変なことだろうと容易に想像がついた。やはり、料理人は1人に任せる方がベターである。

 今までは細かいところはスルーだったが、今回は記述しておこう。なお、カズノコは妻も私も大嫌いなので、正月メニューには登場しない。

 

左のお重(12時あたりから時計回りに、月表示のないのは数年前のもの)

 

右のお重

 

雑煮と酒

  • 香川風 (あんなし)白味噌丸もち雑煮
  • お酒は、八海山