にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

床下防蟻加工で一安心

家の床下部分であるシロアリの防蟻加工をやってもらった。目に見えないところだと、やってもやらなくても大して変わりなかろうと軽く見られがちであるし、気づきにくくもある。新築からの防蟻保証の10年は過ぎたばかり。薬剤効果を維持し、更なる保証を得るための対応は気にはなっていたものの1つであったが、半年位は平気だろうと無保証の空白期間はあった。

以前からつきあいのあった他の会社(K社、D社)も悪くはなかったのだが、サービスレベルにさして差がなかったので、最安値の県の生活協同組合の住宅コープに仕事をお願いした。一回の床面積が20坪までは55000円と明朗会計である。
見積もりの時は調査員が来たが、今度は技術員という若手の人だった。作業報告の説明が終わった後にその写真のSDカードを借用し、そのファイルを貰い、後々のためにということでiPadの写真へコピーもしておいた。その写真のいくつかが下記である。

 

床下点検口からみる配管はこんな感じである。ここに潜り作業をする。作業は1時間半余り。

f:id:Miketoy:20170114183911j:plain

床下だけでなく、玄関の木部分もシロアリの被害を受けやすいところという。オプションサービスのコンクリート処理で玄関も併せてしてもらった。プラス10000円で、合計額は消費税も込みで70200円。その他に、組合員になる必要があり、5000円、トータルで今回の一連の仕事で、75200円であった。

f:id:Miketoy:20170114183923j:plain

基本はこんな感じで、薬を噴霧する作業のようだ。

f:id:Miketoy:20170114183933j:plain

玄関のコンクリートに穴をあけ、そこから薬を注入する。

f:id:Miketoy:20170114185130j:plain

前に親の住んでいた古い家では、もちろんこんな対策はしていなくて、シロアリの蟻道が見られたし、実際腐った木の下にウヨウヨとそれらしきものがいてビックリだった。私の代では今回の床下シロアリ防蟻加工やってもらい保証期間の5年間は安心だ。その後の期間は、家の使用権を委ねた息子が判断することだろう。