にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

ダンボール箱を作り出したら急に引越しモードになった

引越業社が決まり、ダンボール大を20、小を10ケース持ってきてもらった。その一部を開け、この間に使わない夏物の服や、読まないバックナンバーの「きょうの料理」の過去本などを昨日から梱包しだした。やりだすと、あれもこれもとなり、このダンボール数では足りないかとすら思うようになる。ともかく、途端に部屋が散らかりはじまる。本来の家にあった収納場所に入っていたものを外に出すわけだから、単純に考えるならば2倍のスペースが必要になる。だから当然なのだが、うず高く積まれたダンボールが引越すのだという雰囲気を大いに盛り上げてくれる(笑)。

ともかくあと1カ月足らず、本当にカウントダウンモードに突入した感じである。これと同じような迫ってくる気分は退職の時も味わった。もう、あとは適当にやってくれというような、やや雑なというか、少し投げやりな気分といったら良いような・・・。

IMGP0576.jpg