にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなアクティブシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

確定申告もスイスイ進む。ふるさと納税申告も

日々の生活

毎年確定申告をしているので、スイスイ進む。難しいことはない。ネットの確定申告コーナーで入力すれば、手軽に、かつ間違いなくできるようになっている。画面の指示に従って、粛々とこなすだけで完成する。以前はエクセルの関数を使い、式を入れてシートを作っていたのだが、もうそんなことをする必要はなくなった。税制は毎年のように変わるので、その度にそれに対応するのは労多くして報われない。ネットでの処理だと国税局のサーバーにて処理がされるから、間違いがあるはずはない(利用者の入力ミスはあり得るが)。あとは、指定期日に税務署に提出して終わりだ。この十数年来、いつも追加納税一方だったが、今年は税金の払い過ぎの還付金額があるので嬉しい。

(考えてみれば移行期間とはいえ、昨秋の退職直後には月額約15万円の年金にも関わらず、社会保険支払いは10万円以上とられていた。単純に考えても、帳尻を合わせるには差額の5万円で暮らさねばならないというのではあまりに理不尽、過払い分は戻ってきて然りだ。今の若者の将来を思うと気の毒だが、いずれその比率に近い現実が刻々と近づいているのだろう)

 

さて、昨年は4箇所にふるさと納税を、計75000円をした。控除対象なので、しなければ損をするだけである。情報を取得して活用することのできない人には、年齢を問わず厳しい世の中になっていくだろうが、その手のことが多くなっている気がする。

一昨日の首都圏ネットワークで放映していたが、東京都の税収は約130億円の減少という。私の場合は、香川県は3万円寄付で、返礼品のオリーブ牛が一週間前に到着した。どこでも肉が人気らしい。そして、さぬき市に2万円で、そちらの返礼品は津田産の讃岐ダコを選び昨年末到着だったので、正月に祝いを添えた。小豆島の寄付はオリーブの木を、福岡県朝倉市からは大粒のあまおう苺が数日前に到着。どれも満足していて、今後もぜひふるさと納税は続けたい。2箱だろうなと思っていたが、4箱きたので満足感は2倍だ(笑)。毎日に2つずつ食べたとしても夫婦2人では余らせてしまいそうなので、お隣さんにお裾分けをした。

f:id:Miketoy:20170201162206j:plain

Ocotopus, sugar cane sprouts, beef, sora mame