にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

電話代はゼロで済む

このところ、シムフリーでのスマホサービスも増えてきて、価格も手頃になってきている。昨日の日経プラスワンでの比較記事がそれだ。

f:id:Miketoy:20170204092449j:plain

ライトユーザーである私はこれからすると、イオンモバイルか楽天バイルが有力候補になる。いつの日にか、スマホに変更するかもしれないが、安いとは言え2千円越なので、当面はその半額のガラケー生活で間に合わせる。機能は別として、頑強性などからして、ケイタイ製品としての完成度はガラケーのほうが高いと思う。一方、機種代・月額基本料金以外にも電話通話料は今までは高かった。他にもっと適当なサービスがあるのかも知れないが、私は1分あたり固定電話は3円、携帯電話は14円のプリペイド従量制のLINEの コールクレジットを使用している。最近はそれも使わず、いろいろなケイタイや固定電話に、家のWiFiを使い、LINE Out Freeでかける。動画広告を見ることで、1日に最大5回、固定電話に1回3分、携帯電話に1回1分まで無料で通話できるというサービスだ。通話開始までに、1分弱のCM時間をやり過ごさなくてはならないが、要領よく話せば事足りることも多いだろう。あとは、先方から、折り返し電話をしてもらえば良い(笑)。それらを使った結果、電話通話代はタダで、基本料金の1011円(ソフトバンクホワイトプラン)だけで済んでいる。

 

家でのインターネット接続では、今は5018円の固定料金なため、私の使い方でのデータ量がどの程度なのかはがよくわからないのだが、引越し先では、こちらもまたリストラを考えている。ポケットWIFIへの変更である。動画視聴や音楽ダウンロードはしないので、上記新聞記事からするとライトユーザーの夫婦2人で月間で7ギガ、多分間に合うのではないかと想像している。もし、超えるようなら、NTTの光回線に変えることにしている。ともかく、今まで、固定電話というなんと意味のないものを長らく使っていたのかと思う。