にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなアクティブシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

駐車場契約でのトラブル

日々の生活

住み替える当日に、駐車場を借りる件でトラブルがあった。車で必需品の大量の荷物を運んでいるし、その日から滞在するので駐車スペースは必須だった。ひと月前に電話で確認し、遠距離なのでメールで内容を確認したいといったのだが、それは先方が、お歳を召されたようなかたのようでインターネットをしていないとか言っていた。当日の約束の時間に現場に契約書を持っていくから・・とのことで賃貸に関しては済んだはずたっだ。でも、この間も気になっていたことのひとつであった。しばしばこの種の不安があるときに、予感が的中してしまうことがある。

転居先の着いた日に、再度連絡してくれとのことだったのでその当日に電話をしたら、「何のことか?そんな約束をしたかのー」と言われた。空きのスペースはないとか、もう駐車場はやめようと思っているので断りたいなどと抜かす。それはないだろうと言いたいほどの役所的対応で、こちらも怒り心頭だが弱みがある(数日見ているが、実際はほとんどのスペースは空いている。物件をきちんと管理していないだけと推察される)。ともかく、車の荷物を運べないとなると大ごとであり、そこを何とか・・と泣き込んだ。確かに契約書は交わさわず、電話でだけの口約束なので、こちらにも落ち度はある。

いい加減というか、あまりにのんびりした高飛車な運用にだけでなく、契約条項を見てまたびっくりだ。保証人の勤務先や礼金だけでなく、敷金を2ヶ月分請求された。返却される筈だが、契約一年未満は敷金を返済しないとの契約条項だ。おまけに2ヶ月といったものの、月単位で月額料金をとると読める条項である。あまりにも酷いのではないか。これはダメだということで契約破棄を視野に入れて別の選択肢を真剣に探し出した。

 

市内中心部とはいえ、月額9千円の駐車場料金。コインパーキングでも1日500円、400円、さらに探せば 300円のものもある。300円なら30日で9千円で同額だ。当然ながら、敷金礼金などはとらない。家から少し遠くなるが、こちらのほうが明らかに有利だ。気持ちもそちらに大いに傾きかけたし、別の不動産屋さんにも相談してみた。かつては、バブルの頃の売手市場な態度を今も持ち続けている地主が多かったとのこと。やはり、歩き回らないと適当な物件は見つけにくい。

私もかつて駐車場を含めた不動産管理をしていたことがある。そのお客さんが、また借りたいといってきたことがあり、信頼されているようで嬉しくもあった。地域に長く根ざしている商売人は、悪どい商売をしていれば淘汰されるだろう。9千円の料金は払う心づつもりはしていたが、短期間で特別に・・ということで月額7千円で良いというところを見つけて一安心だ。当初話を持ちかけていたところへは、今回の話はなかったことに・・ということで一件落着。これで気になっていた駐車スペース問題はやっとのことで円満解決した。2ヶ月後には車を手放し、自転車、バイク生活となる。f:id:Miketoy:20160904172054j:plain