にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

WiFiルーターを変えた

私はそれほど詳しくはない技術分野なのだが、2日前に到着したWimax2を「引越し侍」より導入を勧められたまま使っているが満足している。

引っ越す前までのインタネット接続は、ケーブルテレビ会社の供給するそれであった。今までも直接接続するLANケーブルはほとんど使っておらず、実際はWiFiルーター経由での、パソコンやタブレットの無線接続だけであった。LANは、WiFiトラブルの問題解決のため以外に使用する必然性は全くなかった。

引越してから、しばらくはデータの従量制のポケットWiFiルーターを使用していたが、データ量が足りなくなりそうになると追加の購入が必要だった。そんな調整的な使い方、一時的な利用には重宝するやり方であった。この間の1日あたりの私のようなメールとウェブ中心の使い方では1日あたり、200-400Mバイトだったということが経験値で示された。データの通信実績を見てわかったことは、電話や新聞、地図アプリを使うと大量に通信が発生することだ。キーワード検索などで、サイトの地図がでていたりすると、安易に広げたりしないよう要注意だ。

f:id:Miketoy:20170305073216j:image


一昨日に、3月から使用可能なSpeed Wi-Fi Next W03 (ウィズ社)が到着したので使い始めている。そのWiFiルーターの実態は、アンドロイドの専用端末そのものであるような気もする。選んだものは、データ容量制限なしの、光ネクスト相当の高速「ギガ放題」のプランである。

www.drive-net.jp

使用して思うところは、新聞のダウンロードがとても早く快適なことだ。

これだと、心おきなくソフトウェアの更新などをできると、昨日済ませた iOSのバージョンアップは1ギガ以上、1日だけで総量で3Gバイトくらい使用した。今後は繋ぎっぱなしですむので、BGMとして音楽やラジオを流しながらブログ巡りを楽しめる。インターネットは使用していない時もバックグラウンドで相互に通信したりしているから、この間の使用しない時は都度電源を落としたりの自制をしていてクラいインターネット生活だった(笑)。
どのWiFiルーターでもそうだが、原因不明で、動かなくなることがしばしばあり、再起動をかけることも少なくない。超複雑な処理をしているから、ソフトウェアが大変な処理をしていることは想像がつくから大目に見ているが、この機種でも同様に時計マークで長時間進まないことは1日あたり一回は起こる。でも再起動はしやすいし、そうすればその後は比較的すぐに繋がる。

f:id:Miketoy:20170305073208j:image

この機器で家の住所に固定でインターネット接続をするためのNTTの光ネクストの工事は必要なく、このままで十分かと今は思っている。トラブル解決にも複数の機器との関連はなくシンプルなので解決も比較的容易なはずだ。月額は4380円であるし、十分に満足いくレベルで、当面はこのままで行こうと思っている。工事費はかからないし、当初の2ヶ月は無料になるのも嬉しいことである。

 

3/8 追記: 市街地での電波受信は問題ないが、山の方(例えば高松市内でも塩江温泉では圏外)にいくと繋がらない。四国でも同様なので、使用にあたっては自分の行動範囲をサポートエリアと見合わせて確認しておく必要がある(その点、3GのWiFiルーターならば多分より多くのところで受信可能なはずだ)。