にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

マンション高層階というものは・・・

今までのマンションやアパートでは最高階でも3階で、高層階に住んだことはなかった。決して高層階と言えるほどでもないのだが、今のマンションでは近所の家やアパートは屋根ばかりが見える。エコピープルとしては、太陽光発電をしているところをあまり見かけないのが残念だ(笑)。

屋根はともかく、香川県の決して高くはないなだらかな山々が見えるし、日本の名庭園の一つである栗林公園の輪郭を毎朝眺められるのは気分が良い。下記写真は入居直後の居間であるが、視界を大きく遮るものは周囲にはないから明るさの点からもまずまず。布団はベランダから干せない決まりのようなので洗濯物扱いになるが陽当たりも良いので大方は満足している。

一方、ゴミ出しにも何でもそうだが外に出るたびにエレベーターに乗る必要がある生活は慣れないし、まだ多少違和感がある。他に気になるのは、道路の車の走行音が響くことだ。救急車がサイレンを鳴らして走ることは多いし、交通量も多い道路に面しているから夜中の車の走行音も煩い。音を遮るものがないし、窓が単層ガラスだということもあり、音は意外と大きい。

ガラス窓付近は今でも明け方は11度になり寒いが、併せて気になるのは夏の暑さであるものの、それは今悩んでもしかたない。エアコンと二重窓で、暑さと防音対策をしなくてはならないだろうから、水回り設備とは別に業者に見積りを依頼しているところ。

f:id:Miketoy:20170311095022j:image