にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

原付バイク二種の世界

一昨年に小型自動二輪AT限定を取得している。ピンクナンバーの125CCのバイクである。二段階右折や時速30キロ制限はないので、四輪車にように走れるが、免許取得には教習所に通わなくてはならない。時間の余裕のあった当時に早めにとっておいて良かったと思っている。転居後の今のところで、取得の為に教習所通いの行動を起こすとしたら難儀である。やはり、できるだけ若いうちということだろう。気力なのだろうか。

 

今の地の道に慣れていないということもあるのだが、今でも道路でバイクで曲がって良いのかそうでないのか、迷うことがしばしばある。駐車場でも、果たして止めて良いのか自転車とどう異なるのか良くわからない。違反キップを貼られるのではないかとビクビクすることすら何度もあった。

原付二種とは原付なのか小型二輪なのか。道路交通法では、自動二輪だ。道路輸送法では税金的には原付だ。私自身も無理解だったから、世間での認知はきっと低いのだろう。

 

バイクだと自転車のように乱暴な運転ができない。学校に通うにも、自転車だと自宅から15分、バイクでも15分だ。機動性を考えると自転車に分がある。世の中で自転車は大量に捨てられる。もったいないことだ。中古自転車でも良いから、買おうと思ったくらいだ。健康のためにも自転車で十分だったかなと、少し後悔がある。でも自動二輪バイクの機能的には十分に満足できる範囲だ。プラスの側面に注目し、マイナス面は注目しないようにしたい。

Second Hand Bike stall