にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

引越しやリフォームは若いうちだ

Bathroom_reform
昨日からリフォーム工事が始まった。大きく分けて3箇所。まずは、風呂とトイレの設備更新、洗面所の新設、当初はこの部分だけの予定だった。後に、キッチンリフォームの見積もりも取り、給水が関係している配管の関係から一緒にやったほうが良いとわかった。さらに、断熱のための二重窓も追加された。

第1弾のリフォームは、これから10日間かかる。不便を強いる工事期間は短ければ短い程良いはずで、早期のうちから便益を求めたい。業者によっては1カ月要するというところもあったが、工事期間が短いこと、営業の人の熱意、妥当な価格、信頼できそうな会社かという観点から地元系のあるリフォーム会社を選んだ。

 

お金が今回のリフォームでドンドンと飛んでいく。しかし、ここは踏ん張りどころ、長期的には有意義な投資となるはず。大局的で冷静な判断が下せるのはシニアだからこそだと思うが、気力と体力は重要なものの下り傾向なのは事実、まだ何とか残っている今がラストチャンスのタイミングなのかな?と思っている。本日の作業の終了した下記のような見苦しい中で、リフォーム後の姿を夢見ながら、数日は生活することになる。床をひっくり返してみると、給排水設備の配管はキッチンとも大きく関わっていそうだ。本来的には、全部解体して、スケルトンにしてから配管する方が良いのだろうが、部分的にやりながらとなる。昨晩から風呂が、明後日からトイレとキッチンが使えなくなるので、どこかに退避しなくてはならない。

*** 風呂場解体の跡f:id:Miketoy:20170329163712j:image