にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

防音効果を高める二重窓の導入


安眠を確保するために防音対策を緊急に施すためには、二重窓にすれば良いと言われる。私も戸建て時代に導入している。窓枠やガラスに窓数を掛けた多額なお金がかかるので、最も良く使う2箇所に限定していた。標準窓が複層ガラスだったので、二重窓は単層ガラスとしたが、防音効果は実感していてお勧めものだ。その防音対策と併せて、冷暖房効果を高める目的もある。
マンションでは単層の網入りガラスが標準では多いようで私のところも網入りのそれだ。だから、内窓は断熱効果を持たせるため二重窓のガラスは複層ガラスとし、東方向からの強い陽射しを遮るために遮熱のLowE ガラスとした。ガラスも枠も全て、個々の窓にあわせて作る特注製品なようだ。
掃き出し窓2つ、腰窓1つ、固定窓1つの計4箇所なのだが、締めて363000円である(支払いを支払いは最大限延長するとして、(ボーナスの出ない関係ない世界に突入しているのだが(笑))12月のボーナス一括払いとした。二重窓商品はインプラス、プラマードなどあるが、三社から見積りをとったが、馴染みのあるインプラスで、近くの電気店でリフォーム事業もしているところに施工をお願いした。
その窓枠、ガラス設置の工事の他に、重い窓を支えるために窓際の床の補強が必要ということで、別途に二箇所27778円、さらに補強のふかし部分を入れるため畳をカットするのの9720円、合計で約41万円要した。
長く、ここで暮らすつもりだからやむを得ない出費であるとは言え、やはり高い。まだ導入完了後の2日目だが、今後の快適さを期待している。