にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

パソコンを使う必然性がない

引越してから、2ヶ月半で3回程度しかパソコンを使っていない。シニアな生活だから、もっぱらカジュアルなライフスタイルのタブレット生活で間に合っている。メールやウェブのネットの接続は不可欠だが、日々の利用で重要な位置を占めるブログも「はてなブログアプリ」で、ちょっとしたメモもiPadの「メモ」で、月末家計簿も 「Numbers」でこと足りる。スケジュールは「カレンダーアプリ」、そして「カメラアプリ」を使い、「クラッシックジャズラジオ」。NHKラジオを聞く時に利用する「らじる」とワンセグでテレビを見たい時には「ちょいテレ」だ。人様に書面で提出したりする時に「エプソン iPrint」はWiFi接続で使用する程度。ソフトコピーしファイル化するスキャンも同様だ。そして「LINE」は無料電話をかける時だけ。これらのアプリ利用で9割以上ではないか。

 

ごく稀に、どうしても先方のサーバー側でタブレットでは受け付けてくれない時だけ、パソコンを使う。この前に遭遇したのは、法務局の不動産登記現在事項証明書を取得する予約時だ。サーバー側がWindows端末を前提に組んでいるのは気にくわないが、時代遅れの役所仕事の残骸そのものだと思う。そのうち彼らも態度を変えざるを得ないだろうから、それまでの辛抱である。でも事務所窓口に行けば済んだ話で、全く問題ない。税務署の確定申告も同様だが、こちらはもう少し早く対応は完了するだろう。

 

パソコンの方が使い勝手は良いのだが、ソフトキーボードも慣れると、何とかなる。一々、大それたパソコンの類の機械を持ち出さなくて良いのは日常そのものである。ただ、ミスタイプが多いと使う気がしなくなる。以前に5インチのタブレットを使って、お蔵入りとなった。やはり8インチ程度の広さは欲しいところ。私のITライフは、タブレットそのもの、その機器代は約3万円だ。Androidタブレットも使っていたが、iOSの iPad mini2で事足りている。MacbookAir はとても優れたパソコンで今年で6年目になるが(初代のそれは処分した)、最新版の機能も今も問題なく使えるが、使う必然性が全くないのだ。壊れたら使わなくなるが、古くからあるデータがなくなるだけで重要なデータはクラウドにあるから、いつそうなっても準備はOKである。

MacBook Air (2010 11 Inch) Review