にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

福祉住環境コーディネーターに挑戦

福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト

福祉住環境コーディネーター検定試験 2級過去問題集2017年版 ( )

資格を取るための勉強を始めた。福祉住環境コーディネーターである。上記の公式テキストと過去問問題集の2冊を購入したばかり。世間のその資格の評価はわからないが、内容は知っておいて悪くないので、自分自身のために勉強する機会としたい。4月中旬より3級テキストでその勉強していたが、3級受験はスキップし、いきなり2級に挑戦することにした。

私は住まいのリフォームに関心があるし、自分自身がシニアであるので、その年代特有のハンディキャップを負った時の解決策をあらかじめ考えておきたいと思ったためである。その結果、関心のある分野での他者に対しての仕事に遭遇できたら良いなとも思っている。資格があれば就職に有利に働く、などとはさらさら思っていない。テキスト代もそうだが、受験料も、ある意味では無意味な投資であろう。でも、勉強をした証(合格すればの話だが・・)として捉えたい。

 

色々と勉強をすると、介護保険制度など知っていたつもりだが、その変遷で考え方も大きく方向転換していることなどを理解していないことに気づいたし、各種の障害に関しても無理解であった。同じようなことは、5年前のエコ検定をとった時も、資格のために勉強に勤しむことは、知識の再整理に有意義と同様に感じていた。その過去記事を引っ張り出してきたが懐かしい。

miketoy.hatenablog.com

miketoy.hatenablog.com

miketoy.hatenablog.com

 

主催は東京商工会議所、同じ民間資格の構図で、エコ検定とパターンは似ている。その後の2年前に小型自動二輪を取得、そして今回は福祉住環境コーディネーターと資格に挑戦する心は持ち続けたいが、多分これが最後だ。

試験日は7月9日。当面の空き時間は、これを勉強をする。「エコ」と「リフォーム」とのアンド条件で資格となると希少価値のある存在となるのではなかろうかと思っている。