にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

内部障害と住まい

身体障害者手帳を所持している内部障害者は93万人という。その内訳は、心臓機能障害で59万人、呼吸器機能7万人、腎臓機能19.5万人、膀胱・直腸、小腸機能10.7万人、肝臓機能0.5万人にヒト免疫不全ウィルスによる免疫機能などの障害0.3万人を含めて内部障害と言う(合計が合わないが、重複してた障害を持っている人がいるのだろう)。
私も心臓機能、妻も腎臓機能の内部障害予備軍だが、そのような内臓の障害を持っている人は少なくない。年齢別に見ると、先の約8割の72万人は65歳以上のようだ。還暦過ぎだと60年以上、同じ肉体を使わせて頂いているわけで、ぼちぼち耐用年数を超えているのではないか。内臓に限らず、前二回で触れた視聴覚もそうで、あとは労わり、機能していれば感謝しながら、だましだまし使っていくしかないのだろう。日常生活の基盤となる住まいは、様々な内部障害を持つ人の症状に合わせて対応できる必要がある。
HIV/AIDS research