にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

心臓と障害

高齢者の死亡原因の分析によると、高血圧を除く心疾患で亡くなる方は、ガンに次いでナンバー2で、比率は16%である。心臓の機能が何らかの原因で弱り、血液を十分に送りだせなくなるのが心不全で、国内に約100万の患者がいるとされる(心疾患59万人とは切口が異なるのだろう)。

私は20代前半で本格的な健康診断を受けてWPW症候群と診断され、当時はショックだった。でも居直って、最初の頃は医療機器のミスだろう、そのうちなくなるだろうと軽く考えていたが、その後も約40年、その診断結果が出続けている。今春の健康診断でも所見には右軸偏位、軽度ST-T異常と記してある。自覚症状は全くないのだが、もう観念し、このWPW症候群と付き合って行く。私の母親は内臓は丈夫だったが胃ガンで、父親心不全で、共に76歳で亡くなった。私も順当に行くならば多分、心不全で逝くことになるだろう。

Fragile Heart