にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

脳障害と住まい

"要介護" になる原因のトップは「脳血管疾患」である。18.5%を占める。続いて認知症15.8%、高齢による衰弱13.4%、骨折・転倒11.8%、関節疾患10.9%のようだ。

死亡原因別での脳障害の順位は下降傾向にあるものの、ガン、心疾患、肺炎につづいて第4位、次いで老衰、不慮の事故、腎不全が原因の大きいところだ。脳障害の早期発見できれば、医学の進歩により死にまでは至らないものの、介護状態にはなり得るということだろうか。私に関して言えば、そこまでして生きたくはないけれど。

脳血管障害には、クモ膜下出血脳出血脳梗塞の3つが主要なものであり、すべき対応は異なる。私自身も、脳梗塞気味なのを3年前の脳ドックで知ったのはショックだったので、食生活などへの注意は払っている。周囲の人はお医者さんでない限り、あまりできることはなく、病院に目星をつけておくことくらいだろうか。自分の意思とは別に障害に出会うときはその時だが、脳障害の後遺症が残ると、半身麻痺などで自宅での生活は厳しいかもしれないかなと覚悟はしている。

Brain surgery