にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

厳重な抗議と、最も強い表現で非難するは聞き飽きた

北朝鮮が、3週間で3回目ミサイル発射 した。以前は、そんな小国の技術力では大したことはできないだろうとたかを括っていたが、なかなかしぶとい。トップへの盲信という傾向の強い国民性なのかもしれないが、戦略的にも長けた人材や、IT分野も優れ、真面目に実務を着実にこなす人材が結構揃っているのかもと、そういった面では見直した。

首相や官房長官の毎回の「厳重な抗議と、最も強い表現で非難する」、国連安保理での対応をは聞き飽きた。イソップ物語の、狼が来るぞ!の狼少年になりつつある。だんだんと、こちらも麻痺して、またやったのかと、なんとも思わなくなってくる。相変わらず、中国が・・と言っている国際情勢だが、何とか具体的に進めないと、とんでもないことが起こるだろう。対話による解決が可能というなら、そういう国は他国任せ人ではなく、自らぜひ対話を実践して欲しいものである。

私などは短気だから、対話の不可能に思える相手にそこまで待てない(私の限界でもある。この発想では最終的には戦争になってしまう)。「今度やったら、本当に・・・だぞ」と強く本気で脅しをかけるだろう。今後に何も起こらないことを願うが、もし起こった時に現在の政府などを責めても手遅れである。ここまで放置して、力を蓄えてきてしまったことへの誰が責任をとるのだろう。今のままだと、決してとれはしないのではないか。

The Boy Who Cried Wolf