にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

試験問題は細かすぎ!

final-exam

来月初めにある福祉住環境コーディネーターの受験対策の勉強をしている。過去問対策と併せて、下記の対策本も購入した。

福祉住環境コーディネーター検定試験 2級一問一答&ポイントチェック2017年版

結構、細かい正誤問題が出題されるためだ。介護状態になった時の入浴の道具の使い方や福祉用具などでの、小さい字で書いてある細かな注意書きも良く出題される。例えば次のようなもの。

自動排泄処理装置の福祉用具の条件は要介護3までは保険給付の対象にならず、ただし、排便、移乗の全介助を必要とする人は対象。その交換可能部品のレシーバー、チューブ、タンクなどのうち、尿や便の経路となるものであって・・・、専用パッド、洗浄液など排泄のつど消費するもの・・は除く。

収尿器、および自動排泄処理装置とはこのようなものである。f:id:Miketoy:20170614075458j:image
いずれお世話になるのかもしれないが、シモの世話のオプションとなると、偏見だろうが正直に言うともう元気が出ず、学習意欲が削がれる。こういう図を含めて、リフトを使ってトイレや入浴に入るあまり見たくない図も多くあり、その細かなレベルの正誤問題が出題されたりする。仕事でしようとなると、補助金のでる範囲、例外事項など、十分にかつ完全に理解しておかねば仕事にならないだろう。でも暗くなるから、その時まで待ってくれーと言いたいのが本音である。

だから、こういう試験対策勉強をしていると、しばしば「もういいや!」というネガティブな悪魔のささやきが聞こえてくる。この歳になって、別分野への進出は大変だ、と言うより億劫である。なんでそんなにしてまで・・・、年金で生活できるなら、残りの人生もさして長くもないので、無理せず楽しく逃げ切ろう!と、勉強することを避ける誘惑に惑わされてしまう。しかし乗りかかった舟だ。ぜひ、合格の成果をもたらしたい。

miketoy.hatenablog.com