にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル ☀ Miketoyの85点人生のライフログ

小豆島と塩江温泉のツーリング

まだ運転に自信がないこともあり、バイクで遠出するのは躊躇があった。今月8日に、脱皮せねばと、恐る恐る日帰りで小豆島へ単身バイクツーリングで行ってきた。そこで、少し自信をつけた。交通量の多くない、見晴らしの良い環境では、バイク運転はとても快適だとわかった。小豆島を一周、寒霞渓まで、走行距離は110キロくらいで、満足できる小トリップであった。

その小豆島の名物は、醤油、素麺そしてオリーブの3つ。下記は、あっさりした醤油ソフト(300)、手延べ素麺の作兵衛のランチ(500)、オリーブ公園である。

 f:id:Miketoy:20170628074523j:imagef:id:Miketoy:20170628074546j:imagef:id:Miketoy:20170628083407j:image

調子に乗って、その翌週14日にも塩江温泉まで行ってきた。香川の新緑の低い山が浴室から見れて、ゆったりと手の届く感ある満足感を味わえる半日旅。塩江温泉はそれで2回目だが、水曜日の樺川温泉ホテルはお客様感謝デイということで、300円で入浴でき、とてもお得。温泉の前には、うどん屋で腹ごしらえをした。

 f:id:Miketoy:20170628083304j:image

旅行としては、四輪車を手放したから、行くのは単身でオートバイでだ。こんな旅をするようになるとは、3年前までは全く思わなかった。でも小型自動二輪なので、高速道路は乗れないので、自ずと近場で行けるところに限りはある。高速道路を使って行くくらいの中距離の他県となると厳しい。高松市にいる身としては、香川県内移動ならばバイクで良いが、四国内のどこかには行きにくい。レンタカーを借りて、 中距離を行くシナリオはあるが、今後の旅は、バスや飛行機利用となるだろう。近場の県内か、東京や海外という遠すぎるところの2択となったようだが、それも良しである。ともかく、行けるのは元気なうち。今回程度の月に一度の小トリップは今後も継続したいと思う。