にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

暑いのは覚悟はしていたが・・

Temperature

転居するにあたり、気候は重視した。雪も苦手だし、冬が寒くないことが条件だった。しかし、転居先となった高松市の今年の冬体験では、決して暖かい感じはしなかった。

一方、夏は暑いのを覚悟はしていた。でもマンションであるし事情は違うであろうという期待もあった。
昨日も高松市は連日の猛暑日、夜も最低気温が27度を下回らない熱帯夜だった。それはニュースでの当地の気温だ。気象庁の毎日の天気予報の温度は百葉箱なので、夏の恵まれた涼しい日陰の外での環境だ。室温はそれにプラス3〜5度程度、例えば最高気温30度と言われれば、私の経験則からすると室温は35度近くである。最低気温でも同じで、最低気温25度以上の熱帯夜と言われた時の室温は30度以上。早い話が一日中30度以上だということだ。おまけに夜は湿度が80%以上と高いから、室温以上に寝苦しい夜となる。

もしかしたら風が通るかなと思って、昨夜はエアコンを止め、南北に風があれば通るようにして窓を開けて寝てみた。しかし、無風であるし、深夜の救急車の大きなサイレンが煩くて起きてしまう。寝てしまえば、同じだという人もいるがそれは平和な人の話、敏感な私は少しでも目が醒めるとダメだ。昨年に購入したFLIR写真で今朝の温度状況を示す。数値がどちらが正しいのかわからないが、35度ということはなく、多分、時計表示のほうの31度だろう。

f:id:Miketoy:20170704035202j:image

暑さ状況は、戸建とマンションでは違うかも?と思っていたが、同じようなものだった。戸建の二階は自分で管理しなくてはいけないから猛烈に暑いが、マンションは平屋建だから一階の気温相当だ。風を通す工夫はできても、湿度のコントロールは無力である。

7月になって2日、エアコンを50時間以上、回しっぱなしで扇風機との併用である。連続運転の方が、電気代的にもお得なはずであった。でも電気プランによっては、深夜電力のように安くはないから不要な時にはオフと切り替えた方が良いかもしれない。2カ月前に購入したエアコンは消費電力換算の料金が表示できる。それによると、涼快モード30度、湿度50%で半日使用して 100円だ。1月を回しっぱなしで3000円ということになる。熱中症対策としての必要経費であるが、エコピープルとしての妥当なラインを今後もう少し研究したい。暑さはこれからが本番。早々に音をあげず、初めての暑い高松の夏の3カ月の長期戦を乗り切りたい。