にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

サイレンが煩くて窓を閉める、閉めると暑くて不快な夏に降参

居間のエアコンを止めて、隣のエアコンのない畳の和室を寝室として使い、試行錯誤でこの間は寝たりしていた。冬は布団をかぶれば済むので良かったが、夏はそうはいかない。今の朝5時も温度は、32度、湿度は外気と同じ80%の気候である。和室の窓を開けたままで、玄関ポストを跳ね上げ、開のままとして、南北に風が流れるようにしたら、温度は一度くらい下がり、多少は良かった。夏のこのあたりの2、3度の差は、クリティカルであるように私は感じる。ギリギリでエアコンなしでも寝られそうな範囲だったのだが、やはりサイレン音でダメだ。

このところ熱中症で救急車の人も多いのかもしれないが、深夜に相変わらず、けたたましい音を立ててサイレンの音が連日、何回も響いている。病院が近くに多いというありがたい環境のせいもあるかもしれないが、騒音に関しては不満だ。以前に安眠妨害なので、せめて交通量の少ない深夜はボリュームを下げて走行して欲しいと、消防署に意見し抵抗したが、柳に風で諦めたのだが、当然ながら問題は解決していない。

 

防音のために購入した二重窓にすると音は遮ることはできる。でも、窓を閉めると33度を超え、暑くて不快で、またまた眠れない。居間も二重窓にしているので、こちらに布団を移動して、エアコンを一晩中かけることも試みたが、狭いし、下がカーペット、ダニも居そうで、心地良くない。やはり畳で寝るのが望ましい。

 

寝室用のエアコンを導入するとしても来年以降と思っていたが、寝不足が続きそうで、そうもいかない。急遽、コンパクトなエアコン(AYG22DE5)を追加注文し、昨日に導入した。

昨晩から深夜運転稼働を試みているが、結論は冷え過ぎだ。温度計センサーも機種によって異なるようだ。「除湿」は50、55、60%と制御できるが、湿度しか見ていないようで、温度は27度を越えてもどんどん下がり過ぎで寒い。「エコ自動運転」というのもあるが、これもこの温度では26度を目標にするようで同様に冷え過ぎる。「冷房」の30度にしたのだが、夜寒いなと思って見ると温度は28度以下になっている。設定温度の上限は32度なので、それに修正し、やっと30度を保てた。でも、湿度は70%以上ある。普及価格帯のエアコンなので、温度か湿度かどちらかを選ぶトレードオフだが、もう湿度制御は諦め、就寝時は室温30度の扇風機併用で良しとすることにした。

外気内気温や消費電力情報表示がないとか、きめ細かな制御ができないモデルだが、本体は目一杯値引きしてもらい、66424円、設置工事費13176円と、前から設置してあった古いカビ臭そうなエアコン取外し料金5400円、リサイクル料金2052円だった。直接サイレンの音の防御のためだけではないにしろ、合計87000円強の出費を余儀なくされたのは不満ではあるが、もうその件は忘れよう。これからの夏は、より経済的なエアコンでもあるし、この和室がお気に入りの部屋に変わるはずだ。