にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

お土産持って、いってきまい

f:id:Miketoy:20170804174921j:plain

f:id:Miketoy:20170805045856j:plain

昨晩、東京圏に帰ってきた。帰るというと、ホームはその帰り先となる。高松にいるときは、東京に行くとなるし、旅行でも高松に帰ってきてホッとするとか言う。私の場合は Iターン的だから、縁もゆかりも少ない地で、かと言って戻る当てもない根無し草で、心安らぐ場はまだ途上で定まっていない感じであり、いかに根を張るかは課題である。お盆の帰省シーズンはまた違った感じでもある。上記は昨日の高松空港ジェットスターの18:20便。讃岐弁で、「いってきまい」は、このコンテキストでは想像はつくが、言葉だけ拾うと何をおしたらよいのか迷うような理解し難い語尾である。 

毎年恒例の親を偲ぶ会のために、旧自宅に戻って来た。今日がその日、今回が最期になる。子達の参加は無し。スケジュールが合わないとのことだ。だから、いつも通り、私の兄と妹夫婦の顔ぶれで親を偲ぶ。今までは、我家がホストで料理を振る舞っていた。今回は出先からだから、仕出し弁当を予約してある。

私のミスを一昨日に気づいたばかりなのだが、日付の調整をしくじってしまった。危うく待ちぼうけを食わされた人が出現していた。今までも、日付と曜日の食い違いでこのような誤ちが何度かある。注意力が散漫なのか、耄碌してきたのかもという感もある。

 

 

この日の来客用のお土産を持参。シュークリームとモンブランケーキは自宅でのおやつ用。もう1つは、会食後のデザートと、お土産用を昨日に用意した。この手のは、高品質なものを1つだけで良いと思う。という私の主張に基づいて選んだものである。香川県は銘菓の店が多い。その中で、ルーヴという著名な店。モンドセレクション連続金賞受賞の「讃の岐三」、香川県産品コンクール優秀賞の「いりこいり」を購入。

f:id:Miketoy:20170804122447j:plain

lowe.co.jp

行きは良いとして、帰りに台風に遭遇して予定通り帰ってこられないかが心配だ。てなことで、やはり私の帰り先は高松だろうか。