にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

水泳入門講座参加

スポーツクラブに通い出しているのだが、少しエネルギーが落ちてきた。暑くて外に出たくないこともあるが、最初の月は週に4回位行っていたのが2回程度に減ってきた。

筋トレ系プログラムは辛くてあまり楽しくない。エアロビクスは未だ上手くできない。別の分野として水泳系はどうか。あまりやりたいとは思っていなかったが、せっかく会員になっていることもあり、海水パンツやキャップ、ゴーグルを用意してビギナーと平泳ぎ初級の2つの各30分クラスに参加してみた。

最初はビギナークラス。今までも基本のバタ足ではなかなか前に進まなかった。クロールもできなくはないが息継ぎが苦しい。背泳ぎも同様であった。どれも足が沈みがちになるから、エネルギーを消耗する割に進まない。基本のバタ足ができていないのだと思う。言われたようにやっているつもりだが、どれでも前に進まない。息継ぎも苦しくなる。

平泳ぎはスイスイ進みできるつもりでいたので、正統的ではないが基本を飛ばしてそのクラスに入って様子を見ようと思って参加したら、今ではカエル式の泳ぎではなくなっているようで驚いた。40年以上前の正しい泳ぎ方は今では異なっている。かつての常識が今ではそうでなくなっていることは、健康情報の類に限らず、運動時の水分補給を含めてあちこちにある。

ともかく、私にとってはどれも胸躍るプログラムではないなと感じた。水泳を基本から学び直すとなると時間がかかりそうだが、その修行をするかどうかだ。もう一つ異なった分野で、(今行っているジムにはないのだが)バイク系のスタジオレッスンのあるところがある。近々そこで1日体験をして見るつもりだ。

お掃除に行っていたマンションが、プールの窓辺から見えた。こうしてジムで時間潰しをしている間にも汗水流して働いている人は多いので、優雅な身分なのだなと思った。

Learning to swim