にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

エコリフォームの臨時収入

臨時収入62000円が近々入る予定だ。二重窓の内窓エコリフォームの補助金である。エコリフォームは、窓の断熱改修、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修、設備エコ改修のいずれかの必要要件を満たす工事をする必要がある。支払いなしの補助金はあり得ない。実質的には窓と関連設置工事だけで36.3万円、床支え補強工事までを含めると、計44万円支払っているから、二重窓を14%分を安く買えたようなものである。エアコンは補助金はないのだが、外気との寒暖差を和らげる目的が同一としてエアコンまで含めると割引率は8%になるし、本来していた水回り設備のエコリフォームまで含めると率的にはさらにぐっと下がり、ありがたみは薄れてくる。

とは言え、エコリフォーム制度を知らなくて、何の行動もとらなければ決して戻ってくることのないお金なので、戻ってくること自体は大変にありがたい。補助金というものは、行動を迷っている時に、私達の肩を一押ししてくれるものであろう。補助金ゲットのために導入するとなると本末転倒であるが、そのような場も時々見かける。

二重窓による防音効果は確かにある。消防車のけたたましいサイレン音は閉めていれば気にならない。また、エアコン消費電力の削減にも貢献しているはずだが、以前の状態を知らないので、どの程度貢献しているのか、その差はわからないが、多少はあるのだと思う。

でも二重窓だけに限定して注目するならば、補助金があったとしても、効果が見え難いから高いな印象を持つ。エアコンなどのようなコスパも良く、効果のわかりやすい機器と比べると、本当にそれだけの価値はあったの?と自分自身でも疑問に思わなくもない。でも冬の寒さ対策時に効果が出てくるものと信じ、先進ユーザー故の負担増と考え納得したい。

4ヶ月経って補助金が入るというお知らせは来たものの、いつ入金されるかは明らでない。入金されたら1年前の退職以来、初めての臨時収入としてのボーナスなので、美味しい健康的なものを食べに行きたい。

f:id:Miketoy:20170812165016j:image