にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

25度とはかくも涼しいものか

25度を下回ると涼しい。最高気温ではない。最低気温のことである。

東日本は雨ばかりの日々が続いているようだが、西日本は例年通りというか、平年より暑いという。天気予報も、連日今日も暑い・・で変化なくもう聞き飽きたので、「あ、そう」で終わるくらい何も期待しない日が続いていた。下記は気象庁のご当地のデータである。

f:id:Miketoy:20170827040822j:image

私の気になるのは、最高気温より夜の寝苦しさと関係する最低気温だ。エアコンの設定と関連するからである。25日の最低気温は29.3度の超熱帯夜、エアコンを夜通ししていたから体感で感じていないが、多分、私にとって過去最高の最低気温体験である。今朝も最低気温は25度を切っているはず。

高松市はこの1ヶ月の26日中の24日の熱帯夜の連続だから、最低気温が27度近くな状況には慣れてきた。寒さには慣れないけれど、暑さには慣れる感がある。身体は相対的に感じるものだ。昼も前日より気温が低いと、最高気温が33度でも涼しく感じる。室温で言うならば目安は30度を下回ること、29.7度の今も冷やっとする、てか寒いくらいだ。夏はもう峠を越えたかなぁという感じで、嬉しいような寂しいような気分である。

瀬戸内海の穏やかな海のせいか、いつも波は50センチ以下と風が少ない。だから夏の暑気が籠るのだろうか。高松、岡山、大阪などは似たような気温になる。ローカル番組での気象予報などで見比べていると、四国で一番暑い地は北の高松なのは意外で、南に位置する室戸などは涼しいように思える。オーストラリアのような南半球にいる気分を味わえる地である(笑)。

Hot Adelaide